株式会社コンバージョン

コンバージョンの高い技術力を紹介します。

Enterprise Console のバックアップ・リストア

バックアップ対象

Sophos Enterprise Console でバックアップすべき対象は次の二つです。

  • レジストリ(証明書情報)
  • データベース(SECの設定情報)

レジストリのバックアップ作業

  • バックアップ(エクスポート)するレジストリは次のキーです
    HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Wow6432Node¥Sophos¥Certification Manager
    または
    HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Sophos¥Certification Manager
    
    • 最新版ではバックアッププログラムが取得してくれるようになりましたが、念のため。
  • データベースのバックアップ作業
    • コマンドプロンプトで次のコマンドを実行します。
      cd C:¥Program Files (x86)¥Sophos¥Enterprise Console
      DataBackupRestore.exe -action=backup
      
  • 次のフォルダにバックアップされます
    C:¥ProgramData¥Sophos¥ManagementServer¥backup
    

リストア作業

  • データベースのリストア作業
    • バックアップフォルダにデータを配置します。
      バックアップしたサーバと同じであれば、そのままでも大丈夫です。
      C:¥ProgramData¥Sophos¥ManagementServer¥backup
      
  • コマンドプロンプトで次のコマンドを実行します。
    cd C:¥Program Files (x86)¥Sophos¥Enterprise Console
    DataBackupRestore.exe -action=restore
    

補足

今回は同一サーバ上でのバックアップリストアですが、ハードウェアを移行する場合や
OS種別が変わるとき(バージョンやアーキテクチャの変更など)は手動でバックアップに
変更を加えなければいけない場合があります。


Sophos Anti-Virus技術情報一覧

« 製品情報

ページトップへ