株式会社コンバージョン

高い技術力を活かしたサービスをご提供いたします。

Cloudメール移行サービスとは

現状の課題

企業における一般的な悩み
・Webメールを別のWebメールに移行、メールや予定表も移行したい
・メールの移行中も、業務停止など影響を出したくない
・メールサーバ切替前後で移行メールに差分が出ないか心配

サービスの特徴

クラウドサービスのMigrationWizで、メール、予定表、連絡帳が移行出来ます。
サーバ負荷を抑えた移行を実施するため、利用ユーザに影響なく移行可能です。
MigrationWizでは、ウォーターマークのシステムを使用しています。ウォーターマークは、MigrationWizのデータベースと移行したアイテムのヘッダーに保持するため、移行漏れと重複移行を防止します。

サービスの流れ

ヒアリング

お客様へご要望や問題点をヒアリングします。

ご提案

ご要望や問題点を分析し最適な移行計画をご提案します。

テスト移行

パイロットユーザーでメール移行を行います。Webメール仕様の違いなどで自動で移行できないメールや移行速度の確認を行い、移行計画にフィードバックします。

事前移行

数年分のメールがある場合、古いメールを予め移行します。

完全移行・切替

メールの配信などを止めて、DNSサーバのMXレコードを切り換えます。(ご要望に合わせ夜間帯などに作業を行います)。
その後、まだ移行していない過去から直前までの全てのメールを移行します。

エラー対応

メールシステムの仕様の差異によって移行が出来ないアイテムの精査と対応を行います。

事例

G SuiteからOffice365へユーザー数約600名のメール、予定表、連絡帳の移行と10個の会議室の予定表を移行しました。

移行イメージ

  • 移行対象の精査
    • 移行対象となるアカウントをヒアリングし移行対象を決定します。
  • データ量から移行期間や時間を調査
    • 移行対象アカウントが利用しているデータ量を集計、移行にかかる時間を算出します。
  • 移行計画の提案
    • お客様の環境に合わせ段階的な移行などをご提案します。
  • パイロットユーザでの移行、移行計画へフィードバック
    • 移行時間の測定やエラーの把握を行い対処方法を確立します。必要に応じ移行計画の変更を行います。
  • 数回に分け過去のメールを移行
    • 移行対象となるすべてのアカウントのメールを段階的に移行します。
  • メールサーバの切替
    • メール配信停止やMXレコードの変更を行い、残りのメール、予定表、連絡帳を移行します。
  • エラー対応と移行結果の報告
    • 移行が出来なかったアイテムの特定と対応を行います。
      対応後も移行出来ないアイテムは移行結果の報告をさせて頂き、必要に応じて手動での移行方法を提案します。

※ご紹介の事例以外にも、Exchange ServerからOffice365への移行も可能です。

納品物(ドキュメント)

メール移行サービスについては、以下のドキュメントを納品させていただきます。
ドキュメントのフォーマットは基本的に弊社のものを利用しますが、ご指定のものがある場合は別途ご相談ください。

  • 1 メール移行計画書
  • 2 メール移行結果報告書

関連サービス

技術情報 OSSコミュニティへの道 社内システム
お電話でのお問い合わせ 03-6429-2880 (土日祝日除く) お問い合わせフォーム
ページトップへ